北海道に行きました

この3日間、北海道に行ってきました。


今回は念願の札幌ドームでの観戦が出来きました。途中、ファールが飛んできて隣の人がキャッチしていました。更に試合終了後に選手がサインボールを観客席に投げ込んだのですが、あと一歩のところで取れませんでした。触ったんですが、バウンドして前にいたおっさんに捕られてしまいました(><)
触っていただけに悔しい!

あとは、定番の小樽に行きました。行ったことなかったので、こちらも行けてよかったです。
坂になっており、函館みたいです。キレイに整備されており、今回は昼にいきましたのでまた行く機会があれば夕暮れ時にも行ってみたいなと思います。



あとは愚痴なんですが、今回は友人(以下Aさん)と旅行に行きました。
別の友人とも何度か旅行に行ったことがありますが、Aさんとは今回初めて旅行に行きました。
今回航空券、ホテルなど全てこちらで手配し日程も大まかに私の方で決めました。旅行前は特に何もいってきませんでしたが、北海道に着いてから文句が多くてもやもや、、、
でも~、いや~それは違うと思う等、とにかく否定から入る会話も疲れました。
旅行前は何もしないけど現地に着いたらやたらと仕切りたがるところも、話の内容のほとんどが仕事の話とかAさんの会社の同僚の話とかで、あまりくつろげなかったです。
また途中足が痛くなってしまいましたが、日頃運動しないからじゃない?と言われ、テニスしてるけど。というと運動時間足りないんじゃない?とか、、、
働いてると時間もなくなりますしそれもわかるはずでは?と思いましたが、また否定から入る会話のループになりそうでしたので、そーだね、足りないかもね。とオウム返ししました。こうした会話が多々あり、結構オウム返しや流してしまったりしました。

Aさんは悪い人ではないです。
ただ正論をぶつけてくる真面目な人でもありますので今後はご飯を食べに行くぐらいの関係でよいと思いました。旅行はもう行かないと思います。
疲れた。

次回は通常通り一人旅します。
やっぱり楽なんですよね、一人旅。気を使わなくて良いし時間の縛りもない。気ままにプランをたてても誰からも文句を言われない!と改めて思った次第です。




おわり

夏がきた。

今日から甲子園が開幕しました。
やはり甲子園が始まると夏がきたなぁと思います。

学生のときは、クーラーのきいた部屋でゴロゴロしながら全試合を観ていましたが、今は日中観られません。その代わり夜にダイジェストやこぼれ話を放送している「熱闘甲子園」という番組を見ています。

https://www.asahi.co.jp/netto/

多分10年以上見てると思います。
一人一人にドラマがありますし、一校一校にその県を背負って出てきたんだというプライドみたいなものを感じます。プロ野球とは違い負ければ終わりですからみな球児は真剣です。
誰かが何かに真剣に取り組む姿は素晴らしいです。
とりあえず、熱中症に気をつけて水分はきちんと取るんだぞ!といいたいです(誰目線)


水分といえば学生時代、私は運動部でしたがあまり水分休憩をとってはいけない雰囲気がありました。
上級生が水分をとらないのに下級生がとるなんてとんでもない!という雰囲気です。
のんでばかりいては真面目に部活をしてないのではないかと暗に言われていました。
水分不足による熱中症や脱水症状が命に関わることもあるのに。。
今の時代だと水分をとらせないほうがとんでもない!という時代です。
良い時代になったとおもいます。
否、これが本来あるべき姿なんですがね。




おわり

運動してきました

テニスに行ってきました。
やはり汗をかくとスッキリします。

土曜日は久々にいったのですが、久々に会った人がいて「お!お久しぶり~」と声をかけて頂きました。パワフルな打球が魅力の素敵な紳士です。
ほんとにささいなことなんですが、常に自分に自信がない私にとって、一瞬とはいえ上記の言葉を頂けたことは嬉しかったです。
ああ他人の中に記憶として自分が残っていたんだ、と。
運動したからか、今日はテンション高めです。
思考が前向きです。
明日も残っているので、テニス行ってきます。


おわり

自意識過剰

3連休初日、私にしては珍しく服を見に行ってきました。

見に行きましたが、どうしてもシックリくるものがないんです。
こんなに肩を出せないとか色合いが若すぎるとか。
なんでか自分のなかで合格がでないんです。
こんな服をきていたらブスが調子に乗っている、すこしでも形のおかしい服をきていたら、あいつ感覚がオカシイのでは?とか思われるんじゃないかと。
かなり、自意識過剰だと我にかえりますが、どうしても払拭できません。

また私は、普段小物を身につけたりネイルをしたりしません。表向きは面倒で~とか言っていますが、
本当は自分みたいなのが着飾っても意味がない。
頑張ってる感じがますます痛いのでは?と一人で悩んでやらないだけなのです。そしてそれを悟られまいとシンプルが好きですが何か?という態度をとってしまうのです。
まぁ、ちょっと面倒だなって思うこともありますが。ひねくれていて自信もない。
学生のときからずっとそうです。
本当は苦手な服屋に行っただけでも自分をほめたいのにです。
今までずっと制限をかけてきたのは他でもない自分です。
カウンセラーの先生からは、自分が楽しめると思ったことのみ実行しましょう。といわれています。
服に関してもそうですが、人間関係にも諦めや制限をかけてしまいます。
長年自分で自分をがんじがらめにして生きてきていることを再認識してしまいました。

明日は、テニス行きたいと思います。


おわり

楽天

先日、楽天の試合を見に行ってきました。

その日は、仙台でも30度超えでした。かき氷やサワーを飲みつつ応援です。
(ちなみに東北はあまり暑くないと思われがちですが、盛岡とか山形とかは盆地なので暑いです)
あ~、ドーム球場がうらやましい。


仙台駅東口から球場までシャトルバスが出ているのですが、そのバスのなかで知らない人と楽天の話で盛り上がりました。また勝ったときは、後ろの知らない人とイエーイ!とハイタッチしたりしてます。
やっぱり同じものが好き、同じものを応援している人は知らない人でも打ち解けられるんですよね。
楽天のユニフォームを着て帽子をかぶってタオルを振り回して一体感を楽しんできました!
夢のような時間でした(^^)


おわり

上半期の自分

日々時の流れがはやくてはやくて、びっくりです。
BLの振り返りを書いたので今度は日々の振り返りをしたいとおもいます。


【1月】
お正月から友人と決別。馴れ合いとかであまりよくなかった。あと、新しい仕事が増えた。

【2月】
上司からの痛烈な言葉で、これでもかというくらい落ちた。辞めたくて辞めたくて転職サイトばかり見ていた気がする。自分のポンコツぶりにあろうことか仕事中にもかかわらず涙がでた。なんで涙でるくらい辛いのに仕事してるんだろうとか妙に冷静な自分だったり、ぐちゃぐちゃだ。
会社以外では京都旅に行った、すごい楽しくて楽しくてまた行きたいと思った。次は宇治とか。

【3月】
あまり記憶がない。

【4月】
久しぶりな友人に会った。自分と立場が違っていて
なんだか自分だけが立ち止まっているような?気がした。これからの生き方を模索。
同じ上司にまた落とされる。カウンセリングとかの本を読んだりもがいてた気がする。

【5月】
GWにこれまた久しぶりな別の友人に会った。前回会ったときはあまり元気なさそうだったが、無事転職先でもぼちぼちやれてるそうで良かった。
また来月会う予定。
気分的にも上昇傾向。

【6月】
楽天見に行ったり、先輩が仙台にきて会ったりして楽しかった。ハーレクインが一瞬面白いと思ったが、やっぱりBLに戻った(笑)
残業が多い、しんどー。



あまり波はありませんが、とにかく仕事が辛かったです。こんなに行きたくないと思ったのははじめてでした。あと3月4月は人がどんどん辞めていきました。
下半期は、もう少し速度あげて仕事していかないとなと思ってます。私生活はミニマムな部屋にしたいです。物を減らしたい、極限まで。あと国外旅に出たいです。



おわり

【BL】誰得? 完全なる私得。

そろそろ2017年も折り返し地点です。

辛くなるとBLを読みまくる私。
とくにこの半年はよく読んでいたと思います。
さて、突然ですが備忘録的に2017年上半期のベスト5を決めたいとおもいます。


5位★★★★
SuperLovers
あべ美幸
異母兄弟かなんかの設定だったが、絵が素敵で読みました。源氏と紫の上みたいな、いやちがうな。
とりあえず受けの顔が可愛いです(笑)
続きは借りてきて読もうか、電子書籍で読もうか。
ライトなBLです。


4位★★★★
かしこまりました、ディステニィー下巻
さちも著
オメガバースにはまり購入。上巻はお坊ちゃん同士のカップルです。まぁ、なんか妥当な感じでした。
下巻は上巻のお坊ちゃんカップルの執事同士がくっつきます。オメガバースは、ぶっ飛んでおりまして
男性も妊娠できる世界という設定です!上巻でカップルになったお坊ちゃんの一人が下巻で妊娠して出産しちゃいます\(^^)/盛大に吹いた私。
そして執事カップルのその後?を描いた、
かしこまりました、ディステニィーAnswer上下巻も発売されてます。買いにいかないと!もしくはAmazonさんで買わないと!


3位★★★★
テンカウント
宝井理人著
無口なカウンセラーと美人秘書の話。
シチュエーションがあまりないな、絵がキレイだなと思い購入。美人秘書のほうは潔癖症とかいう設定縛り。カウンセラーさんのほうも過去になんらかの傷抱えてる系。1~5巻まで発売中ですが、売ってしまったので続きは電子書籍か満喫で読もう。


1位★★★★★
エスケープジャーニー上巻
おげれつたなか著
一瞬ではまった作品。去年から読みたいと思っていましたが、読んで良かったと思えました。おげれつ作品に出会えてよかった。
高校時代カップルだったがささいなことで別れる。しかし同じ大学に進学して途中恋敵がでたり色々あるけど結局くっつく話。上巻は、テンポよいんですが下巻からシリアスになります。つらい、、
でも全部受け止めます(笑)
そして、チャラ男受けにはまる私。


1位★★★★★
制服をまとえば、うまく嘘がつけたのに
楔ケリ著
まさかの1位がふたつ(笑)
幼なじみのパイロット同士という全く現実味のない設定。前作のオメガバース設定にはまり完全に作者買い。超ノンケからの方向転換ってこんなにすんなりいくの?とかコックピットでなにやってんの?とか細かい事を考えるとキリがないので、純粋に作品楽しむほうがよいと思います。しかしなかなかない設定のため結構ハマりました。おまけペーパーも良い感じ。



まだまだ他にも色々読んできましたが、途中で売ったり飽きたりしたものもありましたので厳選して5つ選んでみました。
とくにおげれつ作品はどれも素晴らしく、恋愛ルビとかも何回も読みました。あとおげれつさんはヤリチンビッチ部というタイトルの本を発売しているのですが、タイトルがえげつないためこの本だけはAmazonで購入しました(笑)
次回は除夜の鐘でもききながら2017年下半期のBLを振り返りたいとおもいます!\(^o^)/
私得にお付き合いくださいまして、有難うございます。



おわり